PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

4技能英語試験セミナー ~2020年大学入試変革を見据えて

先日参加した4技能英語試験活用セミナーに参加し、改めて考えたことなどをここでシェアさせていただきますね。

まず、4技能という言葉の定義から。ECCジュニアではもう耳がタコになるほど研修でも繰り返され、チラシにも書いてきた文言ですが、これを最近文科省の通達なんかの中でもしばしば見かけるようになりました。

ことばの4技能とは、ことばの4つの技能すなわち「聞く」「話す」「読む」「書く」力をさします。いままで日本の公教育では主にこの中の「読む」ちからに偏重した教育が行われてきました。そこに少しの「聞く」力、リスニングテストと「書く」力、英作文が加えられたりすることもありますが、リスニングといってもおよそ会話におけるリスニングにつながるようなものとはいいがたく、また英作文といってもごく短い短文、それもなんなら語句が示されていて並び替えをするだけ、などということもしばしばありました。「話す」力を試される機会なぞ皆無。

そもそも大学のセンター試験からしてそんな様式ですから、まずは大学に入ることを目標に勉強する学生たちにとっては、「読む」力を伸ばすことが一番スコアアップにつながりますから、ひたすら単語を覚え、長文読解を繰り返し、最初の質問はこのあたりにあるはず、こういう設問は直前に答えがあるはず、などとある種テクニックに走った対策ばかりを講じ、さて大学を卒業して中学から10年間学習したにも関わらず英語が全く話せませんが、何か?という日本人を量産し続けてきたわけです。

ま、ね。日本って世界ではちょっと珍しいぐらい、英語が使えなくてもさして生活上困らない国ですから、それでいいっちゃいいんですが。

まぁしかし英語はできた方が年収が上がるなんていう調査もありますし。

平均年収に約137万差、英語学習の開始時期が影響
 http://s.resemom.jp/article/2016/12/21/35613.html

多言語を話すほうがボケにくいという報告もありますね。

外国語が話せると脳が得する7つの事 「認知症になるのが4~5年遅れる」
 http://rocketnews24.com/2014/06/20/454826/

なにより、外国語を学ぶということは、他の国の文化やなりたちに大きく触れることであり、それは改めて母国の文化やなりたちについて深く考える機会につながり、人生をより豊かなものにしてくれることは間違いありません。また、現代を生き抜く若者たちにとっては、インターネットで情報を集めるにも英語が出来たほうがより幅広い情報ソースを利用できますし、もちろん世界中の人々と意思疎通するためのツールとしても活用できます。

そして学生たちにとって最も学習モチベーションに直結するであろう大学入試センター試験が2020年に大きく変わります。特に英語に関しては大学を目指す学生が一気に受験し短い期間で合否判定を出すということは現実的に不可能に近いので、外部資格試験、TOEFL、英検、IELTS、TEAP、ケンブリッジ英検などが入試に変わって活用される可能性が高いんです。というか、すでに上智や立教大学などを中心に、外部検定結果を入試に加味する、または英語が免除になる動きが加速しています。

たとえばTEAPなら、受験資格は高校2年生以上、レベル的には英検準2級~準1級あたりの内容で、午前中にリーディング70分、リスニング50分、午後からはライティング70分、スピーキング10分の検定を実施することになっていて、ライティングでは280文字程度の課題文を読んで70語程度の要約を作成するタスクAと、グラフや記事などいくつかの情報を読み取り要約を作成し、自らの意見を提示するタスクBに分かれます。また、スピーキングでは英検では一方的に聞かれたことに対して答え、試験官はその内容に反応することなくひたすら採点するのですが、TEAPでは試験官が二人おり、一人の試験官と普通に会話をし、もう一人の試験官が採点します。質問されたことに答える形式のパート1に加え、あたえられたシチュエーションに合わせてテストを受ける側から試験官にむかってどんどん質問し、話を広げていくという形式のパート2、また社会問題について自分の意見を述べるパート3、またあるテーマについて質疑応答するパート4から成り立っていて、英語をコミュニケーションツールとして使いこなせていないことには良い評価を得ることが難しい内容になっています。

これがさらに IELTSになればリーディングパートも選択式ではなく記述式になったり、TOEFLならば語彙がよりアカデミックになったりと、いずれもさらに難易度の高い内容になります。

大学に入るまでに英語である程度自分の考えが述べられる力が当たり前のように要求される時代がやってくるのです。やばい、めちゃくちゃワクワクします!

ECCが目指しているのはまさにここ、そこに到達するための高校生コースがあり、その基礎を培う中学生コースがあり、小学生ではスーパーラーニング、幼児では英語で知育と、将来にわたって通用する英語の長期一貫教育、それを提供しているのがECCジュニアなんです!

この時代を生き抜く子供たちに、当たり前の英語教育を提供する!高山台教室では昨年度より英検の準会場登録を済ませ、この1月にも教室で英検を実施いたします。さしあたっては高1までに英検二級または準2級取得、高2からは志望大学に合わせて英語の4技能検定を受験し資格をとっていく、こういった道筋を子供たちに提示していきたいと思っています。

| 英語教育 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英検二級・四技能化!

昨日の読売朝刊に、来年度より英検が今後のセンター試験改訂を視野に据え、二級において四技能化されることが決まったとありました。

実用英語技能検定 「2級」ライティングの導入、4技能化のお知らせ
  ~来年度2016年度 第1回より開始~

http://www.eiken.or.jp/association/info/2015/pdf/20150715_pressrelease_writing2.pdf

まず、以前ブログでもお知らせしていた通り、2020年より学習指導要領が改訂され、現在小学校5,6年生において担任主導で週1回程度行われている外国語教育は、正式に英語という教科として週3回程度実施され、成績表で評価されるようになります。つまり国語や算数など、他の教科と肩を並べての実施となるわけです。
また、現在行われている週一回程度の英語教育は、小3から実施されます。

そして本年度から公立高校で実施されている「英語の授業は英語で」、これも開始を中学からに引き下げられます。
さらに大学入試ではセンター試験が廃止され、英語力は現在の「読む」と「聞く」に偏重した一度きりの試験ではなく、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能を測定できる外部検定に委託されることも検討されています。

この「外部検定」に名乗りをあげるべく、今回英検が二級にも「書く」力を測る問題を導入することになったというわけです。
現在の英検二級では一次試験はマークシートで「読む」「聞く」力を、一次試験合格者は二次試験の面接で「話す」力を測っています。ここに現在準一級以上で実施されている英作文(エッセイ)のような問題が追加されるということですね。

また、2017年度以降三級以上試験はすべて同様に四技能化されることとなります。

近年英検受験者はどんどん低年齢化していますが、これによりその傾向に歯止めがかかる、あるいは低年齢でも英検取得を目指す人にとっては、付け焼き刃の学習ではなく英語力の底上げが必要になるということですね。

ECCジュニアでは、幼児より四技能をバランス良く培うカリキュラムを展開していますので何も怖くな~い!むしろ今回の改訂を心から歓迎しています。

現在大学受験英語ではネイティブすら使わない、知りもしないような文語的イディオムが踊る悪問がはびこっていますが、それが変わることで大きく日本の英語教育が変わって行きます。使える英語を身につけないと大学受験をクリア出来ない、そういう時代がもうすぐ来ます!楽しみだぁ~!

鍛えるべきは英語の総合力!世界標準の英語力に照準を合わせた英語教育をECCジュニアで!

| 英語教育 | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

英語が大事だ。日本人に一番欠けている。

昨日の読売新聞に、ノーベル物理学賞を受賞した中村修二博士の言葉として興味深い一言が掲載されていました。曰く、

「英語が大事だ。日本に一番欠けている。」

これ、私もホントそう思います。

≫ Read More

| 英語教育 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「英語を学ぶ」ってどういうこと?

何度も当ブログやfacebookページに登場している、以前我が家に10ヶ月間留学していたドイツ人留学生くんは、今ドイツの大学で日本語を専攻して勉強しています。

曰く、日本でなんとなく日本語で会話してたけど、わかってなかったことがたくさんあった、と。今、ドイツで「にほんごのぶんぽうをずっくりわかる」となんだかちょっと文法的におかしな日本語で(爆)教えてくれたのですが。(あ、ちなみに”ゆ”が”ず”になっちゃうのはドイツ語キーボードの特性というかなんというか)。

たとえば留学生くんはよく「来て」のことを「きって」などと発音してしまいがちだったのですが、それは違ったんだということが、文法をしっかり勉強し始めて改めてクリアになったんだとこの動画を見せてくれました。

うん、「くる」とか「する」は日本語の中でもスペシャルな活用形だからな・・・カ変、サ変だよねーと思ってリンクをあけると、「てー形のうた」とあるじゃないですか。

て、てけい!?

≫ Read More

| 英語教育 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2020年問題、勃発!?

小学館刊行、edu最新号に陰山先生のお話として興味深い記事が載っていました。

2020年、日本の英語教育が大きく変わるというのは 以前このブログでも触れていた通りですが、現在小5~小6で行われている外国語活動は正式教科として評価対象となり、小3から英語活動が必修化されます。
また本年度から公立高校で実施されている「英語の授業は英語で」、これも開始を中学からに引き下げられます。
さらに大学入試ではセンター試験が廃止され、英語力は現在の「読む」と「聞く」に偏重した一度きりの試験ではなく、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能を測定できる外部検定に委託されることも検討されています。

2020年、六年後の話だからうちの子には関係ないわね・・・

≫ Read More

| 英語教育 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT