PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Making of Halloween pinata

秋の大型5連休、あっと言う間に終了ですね。

みなさんはどこか行楽へでかけられましたか?
ウチはちょろっとキャンプに行ったり、ちょうど私の誕生日も重なっていたので子ども達が手作りのプレゼントをくれたり・・・あとは、今週はECCのレッスンもおやすみなので、今のうちにハロウィンパーティーの用意をしなくっちゃ・・・!とハロウィンピニャータ作りに励んでおりました(^^

ピニャータというのは、メキシコ由来のくす玉のようなもので、中にはキャンディやプレゼントなどが一杯つまっていて、子ども達がパーティーの最後にたたき割り、中身を拾って楽しむ、といったようなものなんですが、ハロウィンならジャコランタン、クリスマスなら雪だるまなどに似せて作り、オーナメントとしても楽しむ事が出来ます。

今回はその作り方をちょっぴり紹介。

ピニャータ下地まず用意するモノは・・・新聞紙風船(またはビーチボール)、水糊(私は家にたまたまあった障子のりを使用)、はけ絵の具半紙

私は今回風船を下地に作成してみました。まず風船のまわりに適当にちぎって水にぬらした新聞をひっつけます(私はこの時点で糊を使ってしまい、後で風船を割ったときに壊れそうになって焦りました)。ぐるっとひととおりはりつけおわったら、その上に水糊をハケでぬりながら、新聞紙を重ねて貼っていきます。3重ぐらいにすると頑丈で良いかな?

その状態で1日ほど乾かし、乾いたら中の風船を割ります(ビーチボールなら空気を抜きます)。

写真は風船を割った状態。

ピニャータ半紙次に、下地の上に半紙をぺたぺたとこれまた水糊で貼っていきます。1重だと新聞紙の字が丸見えになってしまうので、これまた3重ぐらいに貼り付けました。

写真は貼り終わった状態。

なんだか『20世紀少年』の”ともだち”に見えてしまうのは私だけかしら・・・(暗)。
でも大丈夫!絵の具でオレンジ色に塗ればちゃんとジャコランタン風になるはず!!!と気を取り直し、乾かしてから塗ろうかなと思ったのですが・・・どうせなら一気にやってしまえーーー!という声がどこからともなく聞こえてきたので(笑)、一気に塗ってしまいました~。

ほんとは半紙を貼る前にビニールヒモを仕込んでおくと、ハンギングする際に便利だったみたいですが・・・今回はし損じました・・・(tt
ピニャータオレンジ。とにもかくにも、一気に絵の具でオレンジに塗って乾燥中の姿がコレ

乾いたらマジックでジャコランタンの顔を描いて、パーティー当日まではオーナメントとして楽しみます。うーん、ひとつぐらい”ともだち”にしちゃえばよかったかなと今ちょっと後悔してますが・・・。ピニャータ完成


あと多分、ちょっと頑丈に作りすぎているので・・・このままじゃパーティー当日にうまく割れない可能性があるので、当日カッターで内側から何カ所か傷をつけ、中にキャンディーをたくさんつめてみんなで割って貰おうと思ってます。

叩く時のアイテムにしようと今懸命にサランラップの芯を集めていますが、足りるかなぁ?と焦ってます。この記事をご覧になって、教室にラップの芯を持ってきて下さる方がいらっしゃったら・・・泣いて喜びます~!!!
関連記事

| *講師のひとりごと* | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/71-b376bb1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。