PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もいってきました、ヤングアメリカンズ大人WS 2017

2017-05-18 あれ、今年わたしヤングアメリカンズ(以下YA)絡みの記事を全く投稿していませんでしたね。いや、今年も大人WSのスケジュールはあけてあって、一応行こうとは思いつつもなにかイマイチ気が進まず。もうマジでそろそろ卒業ってことで良いんでないかい?と思ったりしてたんですけどね、なんだかんだで結局今年も凝りもせずいってまいりました!
諸事情によりなかなか家にたどり着けなかったために、もうえらい時間になってしまいましたが例のごとく忘れないうちに思いを書き付けておこうと思います。



今年も去年同様参加者同士で5人のグループを作り、お互いの自己紹介なんかをしつつその日の終わりにはどんなことを感じたかなどをシェアする時間がありました。私も最初は会社枠での参加でしたが、それ以降自らすすんで参加するようになりました。でも大人WSの場合自ら望んで出ている参加者はほんとに少数で、今回はもう9割方会社研組が参加者の殆どを占めていたと思います。馴染みのサポーターも今回は無理でーと参加を見送っている方が多く、心なしか参加人数トータルも例年より少なかった気もします。

今回は1日目と2日目のグループが違っていたのですが、それがなんかわかりにくかったかなー、でも初日何かわからんけど会社から送り込まれました、ダンスも歌も特に得意ではなくてですね・・・どうしたらいいんでしょう、といっていた子がショーのあとにはめちゃくちゃいい笑顔でやりきりました!感動した!って言っているのを見て、うぁぁぁ、そうやろ!?そうやろ!?と嬉しくなりました。

また、同じく会社の研修組の方で、来年は研修扱いにはならないと思うけど、有給とって自腹で参加しようかなぁという方もおられました。今まで会社枠で来ていてその後自腹ですとういう方にはECC絡み以外ではお会いしたことがなかったので(実際にはおられるかもしれませんが)、本当に実現したらめちゃくちゃ嬉しい、だったら私も来年も参加しようかな!とかなんとかいいつつ、他にも5回連続きてます!という方にも、また来年ね!と言って別れましたのできっと来年も行くんでしょう(爆)。

私自身今年はまた違った楽しみ方があったというか。初日のシンギングサークルでは日本人キャストがいなかったのでわたしが訳したのですが、「今からみなさんにしていただきたいことは、みんなの前で立って歌っていただくことです」と訳した瞬間、「うぇっ」とか「いやーそれは・・・」とかいう声が聞こえたんですよね。私は人前で歌うのが苦にならない・・・というかむしろ大好きな方なので、そうか、これを高いハードルって思う人は結構いるんだ・・・ってそうだよな、私も人前でいきなり自由にダンスしてって言われるのは嫌だわと思い、いやーでもらららーでもなんでもいいから、自分の殻を破ってほしいなぁという思いをみなさんに伝えたくて、私自身手を挙げてRADの♪『棒人間』を即興で歌詞変えて、「歌詞~を~全部ぅ~!わぁすれたぁ~、でもこんなんでOKなんですぅ~」とやってみたんですよ。
なんかそれを見て、ああそういう感じでいいんだ、って手を挙げて歌ってくれた人がいたらしいとあとから他の参加者の方にお聞きして、これはめっちゃ鼻血がでそうなほど嬉しかったです!とかなんとか言って、私ごときに何かができるわけではないけど、こうやって初めて出会う人々とガシっと関われるって機会ってあまりないし、YAのWSっというのはほんま、幸せひとときやと改めて感じました。

ほかにも書ききれないぐらいいろんな絡み方してくださった方々がおられました。ほんま楽しかったです、なんかほんまに最近のWSはこの横のつながりの部分に魅力を感じてきていると言っても過言ではありません。

さてWSの内容の方ですが、多分私6回目の参加かな?になると思いますが、自分が参加しているWSの他にも、サポーター活動をしつつ横目で見ていることもありますから、もういい加減YAの手の内はすべて見たつもりでいたんです。

今回のWSでは二日目の朝にインプロ、リリカルダンス、作曲のクラスがあり、どれも大変楽しかったのですが、特にリリカルダンスというのは今までその名前は聞いたことはあったのですが見たこともやったこともなくて、これは非常に新鮮でした。このクラスは文字通り歌の歌詞に合わせてその場で即興で振り付けをしていくというものだったんですけど、私基本ダンスは苦手でいつもヒイヒイ言うてるのですが、これはめちゃくちゃ楽しい!と思わされました。いいなぁ、YA行ったあとはいつもダンスを習いに行きたくなります。(ま、結局習わないまままた次の年のWSを迎えるのですが。)

また、作曲のクラスではR&Bのビート(受講生の多数決で決まりました)にのってこれも皆の思いつきでメロディーをつくり歌詞を乗っけていくのですが、これがまた格好よかった!音楽教室の先生をやられてる方が即興で思いついたメロディーがもうヤバかった、本職なんだから当たり前かもしれないのですが、ちょっと私の中からこんなメロディーが出てくることは到底ありえんなと思われる、めっちゃくちゃ格好良いものだったんですよ!これは語り継ぎたいわと思いましたよ~!今もメロディ覚えてます!♪Party, don’t stop!

インプロではみなさんからばっちり笑いをとれましたので大満足!(←そこか?

だがしかしここに時間を割いたせいでしょうか、ライオンキングの練習に入ったのが二日目の午後、あれ、毎回こんな遅い時間に導入だっけ?ってか間に合うのかな・・・とある種不安を感じていたのですが、最終的にやはり時間が押していたのでしょうか、二日目のWSの休憩の少なさは異様でした。ちょ、休憩ほしいよー、喉乾いたー、お腹すいたー!と子供のように泣きながらの参加、いや、泣いてないですけどね、ライオンキングの習う時間はいまだかつてないほど短く思えて、9割の初めての参加者のみなさんににこのライオンキングのナンバーの美しさやたくましさのようなものが十分伝わったかなぁ?と思わなくもなく。
いやでも午前中のクラスはとても楽しくて、うあーーー、YA引き出し多いなぁ、まだ何か隠し持ってるのかなとまたあらたな魅力を感じてしまいました。

というようなことで、今年もほんとに楽しかったんだよなぁ・・・まぁねー、年々体が思ったように動かないしそもそも振り付け覚えられないし、その上主婦が家を二日間空けるというのは本当に大変で、毎度毎度てんてこ舞いなんですけどね。2012年の大人WSにキャストとして参加していたYUTA君がJMCのスタッフとして今回ツアーに帯同していて、WSのときの話にえらい感動して格好良い!とときめいてたのにあの当時写真を撮ってくださいという勇気がでなくて(←笑)、今回一緒にとっていただけたし!長く続けていたら思わぬかたちでご褒美がいただけたりするもんなんだなと思ったりしてね、なんていうか、ここまできたら自分に限界がくるまで挑戦し続けたいような気もしています。ふはは。

6月頭にはいよいよ香芝市でのWS、こちらは今年も地域サポーターとしてお手伝いしようと思っています。まだまだYAの季節はおわりません~!
普段でしたら香芝のWSは子供たちと松蔭の学生さんたちのみが参加できるんですが、今年は10週年記念スペシャルワークショップということで、なんと18歳以上の大人の方も参加できますよ!中高生と18歳以上は若干席が残ってるみたいですよ、まだ間に合います!WS自体には参加できなくても、とりあえずショーを見てみる、というテもありますよ。こちらは1枚1000円、当日券も出ますが、香芝は最近当日券が売り切れてしまいがちなので、お早めに購入していただくのが良いかと思います。

また、ECC生専用公演が5月の最終の土日なのですが、そちらは小学生も多分まだ行けるんじゃないかな~・・・多分ね。もしかしたら公式サイトではすでに申し込みを締め切ってるかもしれないですが、その場合は私にご一報いただければ本社に直接空席確認させていただきます!

この記事を読んで少しでも興味あるなぁと思った方がおられたら,是非ぜひ!申し込んでみてください、そして生でYAを感じてみてください~!
関連記事

| ヤングアメリカンズ | 04:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/647-783c99b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。