PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2020年問題、勃発!?

小学館刊行、edu最新号に陰山先生のお話として興味深い記事が載っていました。

2020年、日本の英語教育が大きく変わるというのは 以前このブログでも触れていた通りですが、現在小5~小6で行われている外国語活動は正式教科として評価対象となり、小3から英語活動が必修化されます。
また本年度から公立高校で実施されている「英語の授業は英語で」、これも開始を中学からに引き下げられます。
さらに大学入試ではセンター試験が廃止され、英語力は現在の「読む」と「聞く」に偏重した一度きりの試験ではなく、「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語の4技能を測定できる外部検定に委託されることも検討されています。

2020年、六年後の話だからうちの子には関係ないわね・・・


ともし考えておられる方がおられたら黄色信号!考えても見てください、今の小学生たちが社会に出たとき、ほんの5~6年下の世代と英語力に大きな差がつく、という事態が簡単に想像出来ます。

それはたとえるなら現代の若者たちが何かにつけ「ゆとり世代」と揶揄されるように、いまの小学生たちも英語を習わなかった世代として肩身の狭い思いをしかねないという事です。

現在大人の私たちは、日本に住んで日本で働く限り、まぁもちろん英語が出来たほうが有利なのは間違いないけれど、職種によっては英語は出来なくてもさして困らない、ということもまだまだありますよね。

しかし今後、いまの子どもたちが大人になるころの日本では人口の減少、マーケットの縮小の結果、当然今のままでは経済が立ち行かなくなり、否応なしに更なるグローバル化が訪れることは必至でしょう。

そんな社会で生きていくいまの小学生たちには、学校英語では特に不足している「話す」機会を補完してやる必要があります。

そこで陰山先生は、

親子で海外旅行をして英語圏の言語と文化に触れる
オンライン授業で外国人と話すトレーニングを
大学生になったら一年間海外生活を


という三点を提唱しておられました。

え~、これ普通のサラリーマン家庭にはしんどくないですか?(特に!)
また、についても、受講までにそれ相応の英語力が身についていないと難しいというのが実情かと。についてはその上本人のやる気がないと難しいですよね。日本の学生は海外の学生にくらべて、ほんっとに留学しませんからね。

海外留学者数、加盟国中ワースト2位 「内向き」志向が原因?=OECD報告書
 http://www.huffingtonpost.jp/2013/07/14/national_tertiary_students_enrolled_abroad_n_3595967.html>


ECCジュニア・BSの幼児~高3までの一貫した学習カリキュラムでは、高3修了時には英語圏の大学に留学するための基本的な英語力を身につけることを目標に掲げ、幼いころから英語を自分の感情を乗っけて発話し、とかく不足しがちな日本の子どもたちが英語に曝される量、これを補うための多読も取り揃えています。大人英語への橋渡しを行う中学生コースでは、会話はもちろん学習指導要領で取り扱われる文法をもしっかりおさえ、高校生コースでは自分の考えを英語で話すことが出来るまでに引き上げていきます。

むかしから、子どもには読み書きそろばんをしっかり習得させて・・・なんてよく言われてきましたよね、これからの時代を生き抜く今の子どもたちにはぜひそれに加えて・・・読み書き計算英語IT!
この5つの力をしっかり身につけてほしいと、切に、切に!思います。

高山台教室では現在、はやくも2015年4月生の無料体験ご予約を受付中!
無料体験のお申し込みは、当教室ウェブサイト・メールフォームより、または0120-415-144までお電話ください。ECCジュニア奈良センターにつながりますので、「高山台教室のブログをみて」とお伝えいただきましたら、講師より折り返しご連絡差し上げます。
関連記事

| 英語教育 | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/510-26056b52

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT