PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヤングアメリカンズ 大人WS 2014

今年も行ってきました、ヤングアメリカンズ大人ワークショップ!!

今年で3年連続3回目の参加になります。リピーターさんもちらほらおられたし、ECCのHT軍団も今年は20人近くいたかな。でも、会場でディレクターが最初に参加者に質問をして挙手で答えてた様子を見る限り、今回が初めて、YAが何なのかもあんまりよくわかってません、という方が今年も大半だったようです。

しかし今年は今までと全然違ったー!



まず、プログラムが大きく違った!去年は一昨年と割とカブってる曲も多く余裕な気持ちだったのですが、今年はスポーツメドレーでちょっとだけカブってたのがあったけど、ほとんどぜーんぶがゴロっと変わってました。なので、どの踊りもどの歌もどれもおぼろげw

それも今年は時間がタイトだったのかなぁ?なんか時間配分が違ったのかな、例年に比べて各曲のreviewが少なかった気がします。今年も歌のソロを頂いたのですが、去年やその前はこのソロの練習が結構あったような・・。これも全体練習は初日に1回、二日目のリハーサルに1回、それだけ。歌だけじゃなく振り付けが結構あったので混乱する混乱する!
でもこれもとにかくわからんとこも笑顔でごまか・・・いえいえ、力一杯頑張りました!

思うに、ディレクターによってこだわるポイントが当然ですが違うってことなのかな。今年のディレクターはダンスより歌、特に歌うときの口の動きにすごくこだわっていて、合唱の練習はしっかりやった感じがありましたが、踊りはそんなに重点的じゃなかったというか、とにかく覚えられませんでした(爆)。

でもまぁ、3年間参加してきて私なりにYAから教わったこと、それはとにかく振り付けがわからなくて、わからーん!ふあーん!!まちがったーーーー!!!という表情をするのが一番よくない。とにかくよくわからんけどしっかり体動かして笑顔ならまぁ良いんじゃない?ということで、まぁ有り体に言えば開き直ってとにかくガンガン動いてました(爆)。

今年始めて参加されたHTの中には、やっぱり消化不良を起こして初日もう帰りたくなったなんておっしゃってた方もおられましたが、二日目になって、ようやくワークショップの全貌が見えてきて、みなさんもうどんどん笑顔、たまに涙、なんせ大人がこんないい顔してるの、それもこんだけ大勢そろっていい顔してるのって余り見られないよねーっていう。

それも今年は特にすごかったのが、まずオープナーのダンス、このシメにものっすごいキレッキレのブレイクダンスを見せてくれた方は、その道のプロなのかと思いきや普段はアパレル関係の会社でバイヤーをされてるそうです。え、趣味でそれ!?っていう(爆)。

そして途中、他のどの会場でも見られない曲がありましたよ。ディレクター自らピアノ伴奏をつけて、福島の子どもたちのために歌を歌ってまわっているグループのみなさんのオリジナルソングもプログラムに組み込まれていました。動画はWSの中で行われていたリハーサルの様子です。

さらに、ラストのナンバー、ライオンキング!ここでは心臓の鼓動を表す太鼓。当然YAのドラマーが担当している姿しか見たことがありませんでしたが、今回は参加者の中からその大役を担った方がおられました。す、すごすぎるーーー!!

さらにいまだかつてなかった事ですが、わたしくしWS中に足を負傷いたしました。捻挫っぽいです。応急処置としてすばやく救護班に冷却していただいて、さらにWSに参加していたHTのお一人がロキソニンの湿布剤を持っておられたので貼らせて頂き、さらにテーピングでぐるぐるに巻いてなんとか本番には参加できましたが(みなみなさまには大変ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんでした)、帰宅してテーピングはずして部屋の中を歩いているだけで結構ズキズキ来てます。うぅぅうぅぅ。

しかし今年のYAのテーマは Break the Limits! 無理は禁物な中年が限界まで頑張ったという自負はありますよ!(爆)

そしてさらに今日また頂いたヒント、People don't care how much you know until they know how much you care.
明日からの子どもたちの指導に早速生かしていければと考えています。

みなさんホントにありがとう、愛してます!
関連記事

| ヤングアメリカンズ | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/495-452956f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT