PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PI(小3~小4継続)クラス及びSI(読み書きプラス)クラスの保護者のみなさまへ。

2014年度より、英語・英会話小3~小4継続生(PI)クラスの教材が改訂となりますので、今日は新教材についてご説明します。写真はバージョンになります。
PI2014.jpgPIクラスではPF(小1~小3新規及び小1~小2継続生)クラスを修了した小学校3~4年生対象のクラスで、自分が伝えたいこと、知りたいことのために必要な表現や語彙を自ら「選び」「組み合わせ」「使う」力を養成し、文産出能力の強化を図るクラスです。

クラス概要・学習到達目標については当教室ウェブサイト、右メニュー内"コース紹介”の小学生クラスをご覧ください。



Main Book言語の四技能の内、「聞く」「話す」力を養成するためのテキストです。1年間に学習する文型や、レッスンや生活の中でも使える便利な一言表現(Useful Expressions)も掲載しています。

PFクラスで学習した項目の復習を織り交ぜながら、新たな表現をこのテキストを使って学習していきます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
Work Book主に言葉の四技能の内、「読む」「書く」力を養成するためのテキストです。アルファベットの一覧や、フォニックスソングの教室掲示ポスターと同じものも記載されています。

PIクラスではアルファベットの大文字・小文字の復習や、アルファベットの持つ基本のフォニックスサウンドを学習していきます。
また、リスニングクイズやメインブックの内容に即して既習文やスピーチに関する筆写を行います。1レッスンにつき見開き2ページを使用します。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
CD 4枚
DVD 1枚
家庭学習用の教材です。毎回のホームワークはこのCDやDVDを視聴しなければ解けないようになっています。

CDにはレッスンで歌っていくソングやチャンツ、新出語句・表現、フォニックスチャンツなどが収録されています。
DVDはスキットや学習語彙、TPR(英語の指示を聞いて体を動かす)、スピーチやクイズなどが週力されており、レッスンで学習する内容を補完しています。
Picture Dictionary
語彙力の増強・定着のためのカテゴリー別絵辞典です。レッスンで導入した単語をご家庭でCDとこのピクチャーディクショナリー(PD)を使って復習し定着を目指します。

ユニット毎に、ゲーム感覚で習熟度をチェックするボキャスロンに挑戦します(ボキャスロンのページは家庭で書き込みなどされませんようお願いいたします!)。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
 ・アクティビティカードセット単語カード204枚、絵カード71枚の合計275枚からなるカードセットです。

単語カードは使用するユニットカラーで色分けされたラインが引かれていますので、その模様毎に番号順に並べ、輪ゴムで束ねて緑色のビニール巾着に入れてください。

絵カードも、まとめる際には番号の色で分けて束ねるようにお願いします。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
ホームワークシート家庭学習用ホームワークシートです。最初のレッスン時にお預かりし、1年間教室で保管致しますので表紙にのみお名前を記入して講師にお渡し下さい。

全43回分のHWSは回収し、宿題のやり方と予定表を記す"ECC Study Scheduleはお返しします。宿題は1日1ページを仕上げるペースで週4日かけて取り組み、CDやDVDは毎日視聴するよう心がけましょう。結局英語の上達は英語との接触量がモノを言います。特にPIレベルではPFレベルより語彙も難しくなりますので、忘れる前にCDを聞く、これを繰り返すことでしっかり定着していきますので、CDを聞くクセをつけましょう。

SI教材次に、SI(読み書きプラス)クラスの教材を紹介致します。SIの教材はライティングドリルとタイムドリルが改訂されましたが、ストーリーブックは変わっておりませんのでCDと共にお下がりが使用出来ます。写真はSI<PIE>バージョンです。

SIクラスでは、スタンダードクラスのようなホームワークシートはありません。
ご家庭ではお子様の無理のないペースで絵本を読み、ダイアリーをつけることが宿題となります。が、特に必須回数などは設けません。
まずはCDを聴きながら英文を目で追うことからはじめつつ、親子で絵本を楽しんでいただければと思います。

Page Turners
30冊
リーダーズは30冊セット、SIクラスではLevel 2の絵本を読んでいきます。ちなみにSE(小4~小6新規生SLP)クラスと共通の絵本になります。ブックナンバーが3の倍数の絵本10冊(3.6.9.....30)は読み聞かせ用の少しレベルの高い絵本となっており、表紙に狐の親子マークが入っています。

3冊ごとに背表紙の色が変えてありますので、毎回講師から指定のあった3冊をレッスンにお持ち下さい。(レッスン終了時にお子様に次回持参する色をお知らせします。ほぼ1ヶ月ごとに変わっていきます。)

また、日本語訳の冊子も入っていますので、ご活用下さい(生徒は読んでも読まなくてもどちらでも構いません)。

ほぼ毎回のレッスンで新しい絵本を1冊導入します。3冊読むたびに音読発表の機会を設けますので、それに向けてお気に入りの1冊を選び、自宅で音読練習を行っていただければと思います。

しかし発表にとらわれる余り音読練習を強要するのではなく、お子様のペースに合わせて絵本を楽しみながら読む経験を積み重ねていけるよう、保護者の皆様もご家庭一緒に絵本を読んだり、一緒にCDを聴きながら文字を目で追ったり、読みきかせをし合ったりとご協力いただきますようお願いいたします。
CD 1枚家庭学習用の教材です。
Page Turners 全30冊の音声が収録されています。

まずは絵本の英文を目で追いながら聴くことからはじめ、CD音声を追いかけるようにして読む(シャドーイング)などしてご活用ください。
Reading Diary
 
家庭での読書状況を記録する日記です。読書マイレージや音読レパートリー、発表会で読んだ絵本についても記入していき、自分だけの読書ダイアリーを年間を通して作成していきます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。

中に閉じこんであるブックシールと出席シールは、名前欄にお名前を記入していただき、初回レッスン時に講師までお渡し下さい。
 ・タイムドリルタイム測定用の筆写プリントです。
時間を計ることで、子どもたちは驚くほど集中してくれ、毎回行うことで「書くモード」にスウィッチが入るようになります(いや、ホントですよ!)

毎回のレッスンで1枚ずつ使用します。教室で保管し使う分を毎回配布いたしますので、表紙にのみ氏名をご記入いただき、初回レッスン時に講師までお渡し下さい。
ライティングドリルPI(スタンダード)クラスの学習内容と連動した「書く」作業の練習帳です。1レッスン見開き2ページを使用します。より多くのライティングに挑戦したい!というお子様には巻末にオプションページもたっぷり用意しています。

毎回既習単語や表現のなぞり書き・筆写を大量に行い、穴埋め文完成、並べ替え英作文にも挑戦していきます。スタンダードクラスで習った内容を書いてみることでしっかり頭の中が整理出来、スタンダードクラスでの習熟度も飛躍的にUpします(いや、ホントにホントですよ!年を経る毎に読み書きプラスを受講している生徒の習熟度には目を見張るモノがあると実感しています)。

毎回のレッスンにお持ち下さい。

以上がPISIクラスの教材となります。

上記教材の他に、”PIクラスの保護者様へ”という文書も1枚配布していますので、そちらもあわせてご覧ください。また、教材について乱丁・落丁や不備がないかを開講時までにご確認いただきますようお願いいたします。
関連記事

| 教材について | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/486-f612f5aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。