PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『西遊記』斉藤洋版

ひさびさに子どもがハマる児童文学について書いてみましょうかね。今長男(小6)がハマっているのが『西遊記』斉藤洋さんバージョンです。

学校の図書室に新刊として入り、第1巻をちらっと読んだらすごく面白かったから買ってくれ!!とのリクエストを受けまして、ググってみたらもうすでに10巻ぐらいまで出てるので、1冊1470円・・・その出費合計を考えると図書室あるいは図書館で借りてと言いたくなりますが・・・なんだろう、やっぱりお気に入りの本って自宅にあってこそ、だと思うんですよね。

なので早速1、2巻をアマゾンで注文。友達はもう5巻まで持ってるとの事で、1巻は誰もが知ってる物語やで!って言われたらしいんですが、読んでみたら自分は聞いたことない話だった、と。うーん、そうかなぁ。私たちの世代だと堺正明のおかげ(?)で西遊記のあらすじ知らない子なんて居なかったんじゃないかと思うんですが、長男は香取君の西遊記も見てなかったしでホントに新鮮みたいで。あっという間に2巻まで読んじゃったー!っていうので、今3,4巻をポチってきたところです。

アマゾンのレビューを見てるとなかなか面白そうなので、私も今読んでる小説が終わったら読みたいと思っていますが、これがなかなかね・・・いや、でもきっと読みますよ!前回長男がハマっていたヒックとドラゴンもとても面白かったので、長男のセンスは信頼しています。

最近長男は私がキンドルにダウンロードしている夏目漱石の作品なんかも読んだりしてるので、ぼちぼち同じ本を読んで感想を分かち合える年齢になってきたか~!ってとこですね。

キンドルはアマゾンから出てる電子書籍ですが、英語名はKindle、日本ではキンドルと発音されてますが、当然あちらではカインドル、と発音するようですね、留学生君がびっくりしてましたw
なんで日本でもそうしなかったんだろう?って話ですが、youtubeだってネットでは普通に「ようつべ」だし、親しまれやすい読み方にしたってことなんでしょうけどね。
関連記事

| 絵本・児童文学 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/436-7f599e37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。