PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PF(小1~小3新規及び小1~小2継続)・SF(読み書きプラス)クラス保護者のみなさまへ

今回は、2013年度から教材変更となりますPF(小1~小3新規及び小1~小2継続生・スタンダード)クラスと、SF(読み書きプラス)クラスの教材についてご説明したいと思います。

PF.jpgまずはPFクラスから(写真はPF<CAKE>バージョンです)。

PFクラスでは1学期の間は主要10文型を使ったアクティビティを多く行い、2学期以降にその10文型の日本語意味確認なども含めてテキストで復習していきます。

2年目PF生は学習した文型を駆使してアクティビティでどんどん発話し、2学期以降はまた復習するというスパイラル学習でさらなる定着を目指していきます(但し10文型は教材のバージョンが違うと多少変わります)。

クラス概要については当教室ウェブサイト、右メニュー内"コース紹介”の小学生クラスをご覧ください。


Main Book言語の四技能の内、「聞く」「話す」力を養成するためのテキストです。1年間に学習する主要10文型や、レッスンや生活の中でも使える便利な一言表現(Useful Expressions)、またその表現を用いた U.E. Story 、年間を通して歌うソングの歌詞なども掲載しています。

1学期はアクティビティやUE. Storyでのみ使用しますが、2学期からはメインブックを使った指導が毎回の授業の中心部分となります。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
Work Book主に言葉の四技能の内、「読む」「書く」力を養成するためのテキストです。アルファベット・フォニックスソングの教室掲示ポスターと同じものが表紙と裏表紙の裏に記載されています。

アルファベットやフォニックスの学習、リスニングクイズ、また時には既習単語の復習をしながら与えられたテーマについて自ら考え発話するコーナーにも挑戦していきます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
CD 4枚
DVD 1枚
家庭学習用の教材です。毎回のホームワークはこのCDやDVDを視聴しなければ解けないようになっています。

CDにはレッスンで歌っていくソングやチャンツ、新出語句・表現、スキット、ホームワーク用リスニング問題などが収録されています。
DVDではレッスンの中で学習するTPRの動作の確認やスピーチモデル、アニメ、ソングやチャンツ、クイズなど盛りだくさんな内容です。
・Picture Dictionary語彙力増強・定着のためのカテゴリー別絵辞典です。基本的には家庭学習で使用しますが、ボキャスロン(ゲーム感覚で挑戦する口頭単語テスト)やワードハント(既習単語・一目読み単語の復習と発話練習)でレッスンでも使用します。
ご家庭ではボキャスロンのページに書き込みをされませんようお願い致します。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
Activity Cards
新出語の学習や、アクティビティ・アルファベットの指導時などに使用するカードセットです。

1枚ずつ切り離し、お子さんのファーストネームを記入して所定の場所に収納してください。アルファベットカードは大文字・小文字をそれぞれアルファベット順に束にして輪ゴムでとめ、添付のファスナー付きのビニール袋に入れて、フォルダの最初のページにあるポケットに収納してください。
どうでも良い情報ですが、このポケットのイラストに、ひとつだけ向きの違うモンティが居たりします・・・お時間ある時にでもお子さまと一緒に捜してみてください(爆)。

すべてのカードをフォルダの所定の場所に収納し、毎回のレッスンにお持ち下さい。アルファベットカードはレッスン中に使った場合、順番がめちゃくちゃのまま持ち帰る場合もあると思いますが、お家でアルファベット順に並べて収納するようにして下さい。
ホームワークシート家庭学習用ホームワークシートです。最初のレッスン時にお預かりし、1年間教室で保管致しますのでケースにのみお名前を記入して講師にお渡し下さい。ケースは返却しますので、ご家庭でのホームワークの管理などにお役立て下さい。

初回レッスンでは当日のホームワークの他に、ECC Study Schedule というシートもお渡しします。このシートでは、毎日どの時間にECCの宿題に取り組むのかを記入出来るようになっています。是非お子さまと一緒に計画をたて、実行にお役立て下さい。


ホームワークは毎レッスン該当シートを1枚ずつ配布致しますので、家庭で仕上げて次のレッスンにお持ち下さいますようお願い致します。

小学生になるとそろそろ自分で宿題が出来るようになってきますが、PFの内は出来れば親御さんもサポートいただけますようお願いいたします。


SF次に、SF(読み書きプラス)クラスの教材を紹介致します(写真はSF<CAKE>バージョンです)。

SFクラスでは、スタンダードクラスのようなホームワークシートはありません。
ご家庭ではお子様の無理のないペースで絵本を読み、ダイアリーをつけることが宿題となります。が、特に必須回数などは設けません。
まずはCDを聴きながら英文を目で追うことからはじめつつ、親子で絵本を楽しんでいただければと思います。

Page Turners
30冊
リーダーズは30冊セット、SFクラスではLevel 1の絵本を読んでいきます。ブックナンバーが3の倍数の絵本10冊(3.6.9.....30)は読み聞かせ用の少しレベルの高い絵本となっており、表紙に狐の親子マークが入っています。

3冊ごとに背表紙の色が変えてありますので、毎回講師から指定のあった3冊をレッスンにお持ち下さい。(レッスン終了時にお子様に次回持参する色をお知らせします。ほぼ1ヶ月ごとに変わっていきます。)

また、日本語訳の冊子も入っていますので、ご活用下さい(生徒は読んでも読まなくてもどちらでも構いません)。

ほぼ毎回のレッスンで新しい絵本を1冊導入します。3冊読むたびに音読発表の機会を設けますので、それに向けてお気に入りの1冊を選び、自宅で音読練習を行っていただければと思います(初回レッスン時に詳しくお話します)。
CD 1枚家庭学習用の教材です。
Page Turners 全30冊の音声が収録されています。

まずは絵本の英文を目で追いながら聴くことからはじめ、CD音声を追いかけるようにして読む(シャドーイング)などしてご活用ください。
Reading Diary
 
家庭での読書状況を記録する日記です。読書マイレージや音読レパートリー、発表会で読んだ絵本についても記入していき、自分だけの読書ダイアリーを年間を通して作成していきます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。

中に閉じこんであるブックシールと出席シールは、名前欄にお名前を記入していただき、初回レッスン時に講師までお渡し下さい。
 ・タイムドリルタイム測定用の筆写プリントです。
時間を計ることで、子どもたちは驚くほど集中してくれ、毎回行うことで「書くモード」にスウィッチが入るようになります(いや、ホントですよ!)

毎回のレッスンで1枚ずつ使用します。教室で保管し使う分を毎回配布いたしますので、表紙にのみ氏名をご記入いただき、初回レッスン時に講師までお渡し下さい。
ライティングブックPF(スタンダード)クラスの学習内容と連動した「書く」作業の練習帳です。毎回見開き2ページを行います。より多くのライティングに挑戦したい!というお子様には巻末にオプションページもたっぷり用意しています。

毎回大量の筆写を行うことで、書くことへの耐性を養う事が出来ます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。

以上がPFSFクラスの教材となります。

クラス概要については当教室ウェブサイト、右メニュー内"コース紹介”の小学生クラスをご覧ください。
関連記事

| 教材について | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/427-48318ad5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。