PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴスペルワークショップに行ってきました♪

というわけで当教室はただいま絶賛夏休み中~!

夏休みの初日には、尊敬する先輩ホームティーチャーの教室でもある大阪セントラルグレースチャペルにてゴスペルワークショップが行われるというので、喜んでころこんでいってまいりました~!

ゴスペルというと少し前までは黒人が教会で歌う歌やわな~という漠然としたイメージしか持ってなかったんですが、この春に参加したヤングアメリカンズ・大人のWSでもゴスペルをアレンジしたものを扱っていたこともあって、これがまた歌いやすくてすっごい楽しかったので、機会があればチャレンジしたいな~と思ってたんです。

※ヤングアメリカンズ・大人のWSについての記事はこちらをご覧下さい
  行ってきました!ヤングアメリカンズ、働く大人のためのワークショップ!【雑感編】
  ヤングアメリカンズ・働く大人のためのワークショップ【内容編】



ちなみにYAの時の歌の導入はすべて子どものWSでも同じだと思うのですが、歌詞カードなどは全くくれなくて、すべて口移しで覚えます。しかし1曲だけをじっくりやるわけでもないので、往々にして次の曲をやった頃には前の曲は忘れとるがな!という事になるのですが、まぁ子どもはそれで良いとしても大人の場合は歌詞とかくれたらもっと覚えやすいのになぁと思ったりしてたんですよね。

でも今回のワークショップで講師の方のお話を聞いて目から鱗!
いやね、ゴスペルってのは元々黒人達が奴隷時代に決して毎日楽しい!幸せ!とは言えない、全体的に識字率も低いという状況下で救いを求めにやってきた教会で聖書の言葉を Call and Response(牧師が言ったことを全員がリピートする感じ)でしていたものが原型なのだそう。(あ、理解間違ってたらすみません)

つまりYAでやってるやり方って本来のゴスペルのそれにも合致してるんですね。へぇぇ、なるほど~!なんてちょっと感動したりしつつ。

ちなみに今回のWSでは歌詞を頂けたんですが、まぁ歌詞を頂いちゃうとついついじっと歌詞を見ちゃうのね。導入時から歌詞と講師の方をちらちら見ながら最初歌ってたんですが、講師の方は前で表情豊かにリズムの取り方とか体中で表して下さってるので、歌詞カードばっか見てるのは勿体ない!

講師の方も、2~3回練習した時点で「さて歌詞をみるのはそれぐらいにして、歌詞カード後ろに置いてリズムとって歌いましょっか!」ってな感じで歌詞を見ないよう促されました。

幸い簡単な歌詞で、生徒は皆HTだったのでスグ覚えちゃってlook up して歌い出しましたので「こんなにすんなりいくWSは珍しいです!」と講師の方もおっしゃってましたが、そうだな~、YAみたいにすべての人が英語のにそう親しみがあるわけでもない場合は、かえって歌詞カード配っちゃうとずーっとそこから目を離せなくなってよろしくないのかもなと感じました。

そうそう、私、YAでは"We are the World " の中の短いソロを頂いたんですが、それも歌詞カードはくれなくて口移しだったんですね。歌詞見せてくれた方が何回か唱えてスグ覚えられるなーと「歌詞ない?」って聞いてみたけど、「私のリピート出来る?出来るならそれでやって!」と言われ、まぁ郷にいれば郷に従えか、とそれで覚えたんですが、歌詞の中に love is all we need ってフレーズがあって、最初の数回はそこをどうしても all we need is love って言っちゃうんで(ビートルズの影響受けすぎ!)、目から文字も入ればスグ覚えられただろうな~と思ったりしてたんですよ。

それも個人練習終わって最初にステージで合わせる時に、私のソロの少し前にまさにビートルズメドレーで "All You need is love"が含まれていたので、「この曲順はあかんやろ~!」と"All you need is love" が流れてる間中、「love is all we neeeeeeeeeed!!!!」と頭の中で唱えてましたよ、私。
ってか多分声にも出てたな~。

さらに言うと教えてもらった歌詞を帰宅途中にwebでチェックしたら実際の歌詞とちょっと違ってて、あれ?私が間違ったの??と自信失ったりして、やっぱりあの時は歌詞くれた方が良かったんじゃないのかと思ったりもしますが(爆)、まぁあれはあれで良かったんだな、うん。
あ、その時の歌詞は翌日YAに確認したところ私の記憶の通りで、つまりYAで歌ってるものは元々のモノと若干違ってて正解だったようです。なんつったって若い子だちだから、本家の方はあんま聞いた事なくてYAの中で歌っているモノこそが本家、ぐらいの勢いでしたね。

とまぁ話はそれまくっておりますが、今回のWSでもソロ誰か歌いませんか~って講師の方が投げかけると遠慮大会が始まってしまったので、先輩たちを差し置いていっそ私が歌う!とマイクを奪ってしまったんですが(コラ)、それはそれは気持ちよかったです!(爆)
いやしかし次回WSでは(勝手に次回があると決めていますが)先輩達にこの快感をお譲りしなければと深く反省しておるところでございます(照)。

なにはともあれ、ゴスペルっておもしろ~い!
こちらの教会では毎週木曜にゴスペルの会をもたれているということで思わず通いたくなりましたが、なんせ野田だし夜だしでさすがにちょっと無理なので・・・香芝市近辺で出来れば平日午前中に活動してるゴスペルクワイアはないもんかと情報収集中。しかし奈良市の北の方だったり、時間が夜だったりとなかなか条件に合致する団体が見つかりませ~ん!

どなたかご存じの方おられましたら是非是非ご一報お願い致します!

また、今回講師をしてくださったOさん、ギターを弾いてくださったT君、快く会場を提供くださったO牧師、そしてこんな素敵な会を企画してくださったS先生、さらにそのひと声に集まったゆかいななかまたちに感謝・感謝・感謝です~! Oh Happy Day!
関連記事

| *講師のひとりごと* | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/388-0df26742

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。