PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

行ってきました!ヤングアメリカンズ、働く大人のためのワークショップ!【雑感編】

というわけで、参加してきました!ヤングアメリカンズ、働く大人のためのワークショップ in Osaka!
いつもは私が生徒さんに是非参加してみて!とオススメしているWS。ホントはもっとちゃんと整理してから書いた方が良いのかなと思いつつも、今日感じたこの気持ちが冷めてしまう前にまずは雑感をUPしておこうと思います。


ああ、と言っても何から書けばいいのか・・。



そうだな、まず我が家では自称歌も踊るのも大嫌い!な長男が2年前に初めて参加し、まぁこれっきりかなと思っていたら去年も参加する!と次男とともに申し込んだけれど長男は病に倒れほぼ参加出来ず、それがトラウマになったわけでもないんだろうけど今年は二人とも参加したいと言わなかったので、あらら、ウチのYA生活ももうこれで終わりか~、短かったな・・と思っていたんです。
去年は長男につきあって私もショーを見に行けず、私自身もこのワークショップを長男の練習の一部と本番、次男の練習の一部しか見ていないんですが、それを見て一番もどかしかったのは、二人とも振り付けがわからんのだろうけど、中途半端にやりすぎで、どうせなら間違っても良いからもっと堂々とすべき!って事。子どもたちにもヘンに手曲がった感じで動いてんと、しゃんとせなー!なんて言ってたんです。

で、今回自分が参加してみて。

初日、こどもたちの気持ちがイヤっちゅうほど分かりました(爆)。

特に、香芝は初期から参加し続けている子はオープニングのダンスなどは習うまでもなく覚えていたりで、えーーー、俺わからんのに皆わかってるーー!という中での練習は正直キツかったんやろかな。そして本番までも、たとえば小学校の運動会でやるほどちゃんとしっかりびっちり練習するわけじゃないですから(そもそも時間もそんなないし演目も多いしで)、わからないまま本番を迎えちゃうフラストレーションはあるだろうな、と。

そもそもこのワークショップは完璧なふりつけ、かんぺきな踊りを目指しているわけでなく、皆でひとつのものを作り上げる一体感、満足感、達成感を得るためってほうが完成度を高めることよりもプライオリティーが高くて、練習中も「むずかしい~!」とアタマをかかえる私たちにキャストたちは「振り付けわからなくてもリズムに合わせて体を動かせばいいし、歌詞がわからなければハミングすればいいんだよ。ダイジョブ、ダイジョブー!!」と何度も言っていましたが、そんなこと言われてもやっぱりちゃんとやりたいんですよね。

また、舞台上のスペースが大変狭く、手をのばせ!と言われても横の人に当たるし、前に進め!と言われても前の人に激突しそうだし。それが気になってどうしても動きは小さくなります。特に日本は世界の他の国にくらべてボディータッチする文化がないですからね。初対面の握手だって絶対するかと言われたらしなくないですか?

でもね、参加してみてわかりましたがYAたち、舞台の上では靴はいて無い子も多いんです。で、当然最初の内は特に不慣れな動きをする靴を履いている私たちにガンガン踏まれてる。でも、痛い顔しないんですよね。謝っても、ダイジョブ、ダイジョブ!って。

ホント私初日は横に当たるよとか後ろに落ちるよとかそればっか気になってこのでかい体でちっこい動きしかしてなかったと思うんですが、二日目のライオンキングの練習ぐらいから、なんかコミコミの中でもうまく自分の場所をみつけることが出来るようになってきたし、多少手やおしりが当たったって鼓動をひびかせる太鼓から目をそらさない、前に向かって歩く足を止めない、そういうことがあたりまえに出来るようになりました。この点は大人のわたしたちより子どもたちの方が得意な分野かもしれませんが、とっくに大人になってしまって固定観念をそう簡単には払えないはずの私たちがたったの二日間でこうも変わるんだ!ってのを目の当たりにして、なんていうか、衝撃でしたね。

WSの中で、このYAのWSに参加して何か感じることはありますか?と聞かれて挙手して答える部分があり、私、非常に正直にこう答えました。
YAのショーをサポートしてる人たちって、なんかちょっとこう言っちゃなんだけどコワイっていうか・・ちょっと宗教なの?って思うぐらいの雰囲気があって、ビビってたんだけど・・このWSに参加して、ほんとあなたたちのファンになったよ、って。

あ、誤解しないで頂きたいんですが、全然けなしてませんよ!むしろリスぺクトですよ!!
ホントにボランティアの力なければ成り立たないしその重要性はよくわかっていて、私もまた出来ることがあればお手伝いしたいと思ってます。

でも、去年自分も少しですがボランティアをしてみて、WSに行く我が子のケア、ホストファミリーとしてのあれこれ、自分の仕事、その色々が重なってしっちゃかめっちゃかやん!あかん、大変すぎるやろ!と。まさに欲張りすぎたからこそ子どもの体調管理も出来てなかったと指摘されても仕方がないというか。
これを平気でやるにはやはり宗教のような思い入れがないと無理なんちゃうかな、と。言いたい事が婉曲していないことを願いつつ。

そしたら、日本人キャストのYUTA君が、「ああそれわかります、ボクも最初そうでしたから。」って共感してくれました。その場には居なかったと思いますが、あとで自分みらいクラブの理事、高橋氏も参加者のわたしたちへの挨拶の中で同様の事を述べていました。「ホント赤字から始まって、でも参加した方が熱心にクチコミで広げて下さり、その姿は一種の宗教の様にもうつったかもしれないけれど」と。

そしてこの経験を経て改めてやっぱり子どもたちには一度で良いからこのヤングアメリカンズのワークショップを体験して欲しい!と強く思いました。完璧じゃなくて良い、今の自分のままで良い、でもちょっとまって、あきらめる前に自分にちょっと聞いてみて。わかってるよね、もっと出来るんじゃない?今自分のもてるものをすべてだそう!涙も鼻水も全部一緒に出たって良いから出し切ろうよ!ということを、これほど理屈じゃなくストレートに体感出来る場所って日本じゃ他にちょっと見あたらないんじゃないかと思います。

そうそう、参加者の中におもしろい方がおられて、自称自己啓発セミナーおタク?若いころから自発的にあちこちいろんな勉強型だったり体験型だったりする講座や研修を時には海外にまで受けにいっていて、それに費やした費用は数百万円にものぼるかな、なんておっしゃってて、去年は招待枠で参加したんだそうです。で、これはおもろい!!自腹切ってでも絶対参加したい!来たくて来たくて仕方ない!!と今年は参加費を払って参加したんだよ、と。そうか、目の肥えた自己啓発セミナーおタクにもそう映るんか・・YA恐るべし!

私自身が来年も参加したいかと聞かれれば、主婦が家を空けるという困難や仕事の都合がどないかなるならやっぱり参加したいです。ホント、中毒性高いわ。
ただ、もう参加したくない、という子たちが居るのも、なんかでもやっぱうなずけるかも知れません。はは、言ってる事矛盾しておりますけれど。

とまぁ、それがひとまずWS当日の雑感です。
関連記事

| ヤングアメリカンズ | 00:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
大人のワークショップに参加しましたHollyです。
まだ、自身のblogには感想もかけてないです。
*mulberry*さんのblogをみて、また感動がよみがえってきました♪
今日は頑張って2日ぶりに仕事へ行ってきました。
また来年お会いできると嬉しいです。

| Holly | 2012/05/17 22:41 | URL |

おおう、Hollyさま、初コメントありがとうございます♪
どなたかしら、どなたかしら、ちなみに私は白Tでした。

っていうかブログ拝見したことありますわ、興味深い会合?を開いてらっしゃるなと以前記事を読ませて頂いたことがありますよ~!

| *mulberry* | 2012/05/17 23:15 | URL |

私は赤Tシャツでした♪う~~ん。Amazing graceを歌いました。あの時赤チームしかいなかったのかな???興味深い会合は こどもえいごプロジェクトですよね?多分。
http://kodomoeigoproject.jimdo.com/
英語育児するママと英語を教えてる先生たちの応援団?をしてる普通のOLです♪(笑)

| Holly | 2012/05/18 06:51 | URL |

あ、歌ってる方おられましたね、えーーーー、でもお顔が思い出せないーーーー、ちなみに私はその時レベッカの Maybe Tomorrow という古い歌をサビの手前までというとても中途半端な感じで歌いましたわw

えと、拝見したことがあるのはURLにはってらっしゃるブログの方ですね。なんだったかな、なんか行ってみたいなと思った会合があって、しばらくお気に入りに入れてたんだけど、若干遠いのと時間的に無理だったのであきらめたことがありました。そっと。(笑)

| *mulberry* | 2012/05/19 00:23 | URL |

すばらしきYA

こんにちは。
初めてコメントします。

YA2012夏の大阪会場に子供たちを初めて参加させたものです。

GW後半のクレオ大阪からはじまり、すっかり虜になった私。
そこからは怒涛の5月でした。
高槻会場見学、神戸会場参加、そして大人のWSも見に行きました。

大人には友人が参加していたのでいきました。
しかしその大人のWSで大きな大きな感動をさらに受けさせてもらいました。

ほんとに宗教的ですよね(笑)
私も正しくはまってます。

先日YA達が関西を離れることでかなり落ち込んでいたくらいです。

人に説明することが本当に難しい。
「とにかく見てみて」
その一言に尽きますね。

YAへの気持ちをシェアしてくる人が少しでも増えてくれることを祈っています。

長いコメントすみませんでした。

| Maki | 2012/06/08 18:06 | URL |

ええっ、今年初参加、かつ2会場参加!?これは間違いなく来年は大人のWSも参加されることでしょう。
ホームステイも今年されましたか?もしまだでしたら来年是非やってみることをオススメします。するともうぬけられなくなりますよ。ってすでにもうぬけられないか(爆)。

いや、ウチはまぁ子供がもう卒業と言っていますので、それほど深みにはまることなく終焉を迎える感じですが、是非ここ数年激しくハマってハマってハマりまくってくださいましね♪そしてそのハマり具合をまたご報告頂けると泣いて喜びますw

| *mulberry* | 2012/06/08 21:47 | URL |

初ホストファミリーも引き受けました。
神戸会場では2日目と3日目はボランティアもさせてもらいました。
ハマるというか既に信者です。
毎日のようにYAのHPを覗いては足取りを追ってます(笑)
かなり、キモいですね。すみません。

終焉なんて言わずガツガツ来てください。

どこかの会場でお会いするかも知れませんね。

YAが縁でブログにたどり着かせてもらいました。
またブログに遊びに来させもらいます。

| Maki | 2012/06/09 00:05 | URL |

きゃーーー、すでに上級信者!(←なんじゃそら)

YAが縁で・・・まさにそんな出会いがすでにたくさんありました。いつかMakiさんともお会いできる日を楽しみにしています♪

さしあたっては来年の大人WSかしら・・(爆)。

| *mulberry* | 2012/06/09 07:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/369-b3e63a59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。