PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PBクラス、Unit2終了。

早いもので開講から早や2ヶ月、PBクラスではUnit2の学習が終了しました。

Unit2では動物や身の回りの持ち物(鉛筆、かばんなど)の単語や、講師の指示に従って体の部位をさわったりなでたりするTPRを学習、2度目のリスニングクイズは少々難しく感じたところもあったようで、2回ずつCDを聴いてもらいましたがほぼ皆クリアできていました。
♪I like Dogs や♪Seven Stepsも元気に歌ってくれました。

♪I like DogsでYes, I do! と張り切って歌っていたせいでしょうか、”The Mouse and the Elephant"の劇遊びでも ”Yes, I am ." や"No,I'm not."という台詞を何の躊躇もなく発話してくれていました。
何故かゾウ役の私が毎回もみくちゃにされるというアクシデントに見舞われたのが腑に落ちませんが、みんなの笑顔がたくさん見られたのでヨシということにしておきます(^^

次週で一旦レビューレッスンを行いUnit 1~2で学習した内容のおさらいをするのですが、劇遊びは"The Big Turnip" と今回の"The Mouse and the Elephant"ではどちらが良いか、皆に意見を聞いてみたら、全会一致で"The Mouse and The Elephant"に決定、来週ももみくちゃにされてしまいそうです。

そして再来週からはUnit3へと学習を進めていきます。
新しいソング♪I love the mountainや♪Simple Simonは是非家庭でDVDをしっかり見て、歌って踊ってきてくださいね。

ちなみに♪Simple Simonの振り付け、手を横に出したり戻したりという動作が多いのですが、まっすぐだすのかまわしながら出すのか・・・というのが私自身こんがらがっちゃうことがあり、いっそもっとシンプルに変えちゃおうかな・・・と思ったりもしたのですが、PBちゃんの中の一人がいつもかなりしっかりDVDを見て踊り込んできてくれていて、私がちょっと振り付けを間違ったりすると、つぶらな瞳で”じーーーっ”と見つめられてしまうんですよね。
なので私も妥協せず頑張って踊り込んでおこうと思います(^^

新しいStoryはノルウェーの民話である”The Boy Who Went to the North Wind"(北風がくれたテーブルかけ)。
あぁ、今からもうすでにMagic stick でビシバシどつかれる自分の姿が見える気がします・・・杖は新聞紙かなにかで人数分作っておかなきゃ、ですね・・・(TT


ところでノルウェーといえば村上春樹、村上春樹といえば”ノルウェイの森”ですが(むしろ私が好きなのは”世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド”なのですが)、遠い(?)昔、学生時代かなり村上春樹氏に傾倒していた時期があり、”ノルウェイの森”は特に”生と死は真逆に位置するのではなく、生の中に死は常に包含されている”、というような記述にシンパシーを感じて(あぁでも遠い記憶なのでかなり記憶はあいまいですが)日本語版はもちろんのこと、英訳版も当時しきりに読んでいた覚えがあります。

英語の本を読む、というとかなり敷居が高く感じられる方もおられるかもしれませんが、内容を覚えるほど何度も日本語で読んだお気に入りの本の英語版を読むというのはかなりラクですし、「おお、あの原文がこんな表現になってるよ!へえええ~。」とまたちょっと違った楽しみ方も出来て私的にはオススメです。

この”ノルウェイの森”が今般実写映画化されるとの事で先日キャストの発表があり、主役のマツケンはともかく直子が”バベル”の菊池凛子と聞いて、おそらく多くの人が思ったのと同様に、「エーーー!絶対違うーーー!」とかなり違和感を覚えました。
→配役その他諸々はwikiでご確認ください

どうしても村上春樹氏の小説を読むと主人公に感情移入してしまうんでしょうか、完全に主人公目線になってしまうので、直子=美しく清らかで儚げな少女というイメージが脳裏に焼きついており、菊池凛子さんは美しい・・・というのとは少し違うように思うし(←失礼)、清らかとなるともうそれはまったく違う気がしてどうにも納得がいかなかったのです。

しかしよくよく考えると・・・一般的に言って清らかというイメージと、小説に描かれている直子はちょっと違うのかな、亡くなった恋人をいまだ慕いつつもその友人とややこしい関係になってしまったり、色んな問題を抱えたお年頃の少女・・・そんな難しい役を演じきれる役者って彼女以外にはなかなか居ないのかも、と今は菊池女史にとっても期待しております。

おそらく押入れのどこかで埃を被っているであろう同書を是非サルベージしなければと思いつつ、映画が公開されるまでに日の目を見ることはないような気がします(^^
関連記事

| 4~5歳PB | 12:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/35-31531da1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。