PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

韓国英語村

お子さんに英語を習わせている保護者の方なら、いつかお子さんに留学を体験させてあげたいと思っておられる方も多いと思います。私もその一人なわけですが。

今年度になってからですかね、ウチの長男もヤングアメリカンズなどでプチ異文化交流を行っていることがひきがねになっているのかなんなのか、海外行ってみたいよな~!とやたら言うよになっていまして。
行きたがってる内にスパーンと一度行かせてやりたいなぁという気持ちはあるものの、職業柄留学パンフなども手元にあったりするのでちらちら見ているのですが、どうしても費用が30万を超えるモノばかりでちょっと手が出ないなぁ・・・もう少し子供が大きくなったら教室旅行なんかも企画してみたいけど、今すぐっていうとちょっと無理かなぁと二の足を踏んでいたのですが。

そんなウチ長男に良いんじゃないかなコレ!と目についたのが昨今の英語教育熱には目を見張るモノがあるお隣の国、韓国に次々出来ている英語村への留学!

英語村とは、主に韓国の幼稚園児から小・中学生らを対象に英語に触れる機会を増やすことを目的として2000年代半ば頃から韓国内に作られるようになった公的な英語体験施設です。今般、そちらに視察旅行にいってこられたECCHTのブログを見て私も興味を持ち、ネットで情報を集めてみました。韓国には現在30カ所以上の英語村があるようですが、下記はその内のひとつ、パジュキャンプについてです。

韓国英語村パジュキャンプ 公式サイト
 http://www.english-village-paju.com/

こちらは旅行会社のサイト。動画が見られます。
 http://www.kjctour.com/tour/english_village.php

ツアーパンフpdf
 http://www.english-village-paju.com/pdf/spring-program.pdf


実際見てこられたHTのお話では、先生の質問等に挙手して発言した生徒はステッカーがもらえ、常に携帯しているEnglish Villageのpassportに貼って集め、レッスン最終日にはsticker championが決まるそうです。韓国の子供たちはとても積極的で、最初控えめだった日本からの参加者たちもどんどん手が挙がるようになっていったそうです。

そうそう、ウチの教室でもステッカーシステムを導入してますが、こういうのに子供ってやけにムキになるんですよね。

プログラムの内容は上記のサイトにも掲載されている通り、移動日をのぞく正味3日間、朝の9時から夜の9時まで化学実験やドラマ作成、料理やゲーム、ショッピングなどびっちり各種アクティビティが豊富に組み込まれています。どのレッスンも英語を学ぶというより英語で学ぶという姿勢が貫かれているんだそうですよ。

関空出発時から日本人英会話講師が1名帯同して貴重品の管理もしてくれるとの事ですし、希望すれば同じ日程で親もプチ留学出来てしまうみたいですよ。
費用の方は春ツアーの関空出発で、123,000円、プラスオイルサーチャージと空港使用税計1万ほど、関空までの往復費用、パスポート取得費用、あとはお小遣いに1万円ほどですかね(←あ、ここは個人差大きいところかと思いますが)。

本来ならば私が行ってまず視察してくるところですが、今般ウチの長男を視察要員として送り出すことにしました(爆)。
もしご興味ある方おられましたら、お声かけ頂ければ手元にあるパンフお見せしますよ~。
まぁと言ってもパンフには上記サイト以上の情報が載ってるわけでもなかったりしますが・・・春休みのツアーは対象が新小4~ですが、夏休みには小1~のプログラムも新たに実施される予定があるようです。

英語村に入るとやりとりはすべて英語になりますから、ある程度の英語スキルが要求されますが、小4~なら英会話学習1年以上とパンフに記載があります。
旅行会社の方は読み書きは出来なくても会話がある程度出来ればOKとおっしゃってましたが、視察された先生の話ではスクリーンに映し出される英文を唱和しながらレッスンをすすめる場面もあったので、ある程度スペルを読めた方が良いんじゃないかとのことでした。
一口に英会話経験1年と言っても読み書きのレベルは習熟度によってかなり左右されるので(ウチですとレギュラーのみとSLPもとってる子とではかなり違っていますので)、要求されるレベルがどのあたりなのか判断しづらいのですが・・・まぁしかし理解を助けるよう画像も一緒に映し出されるようになっているということですし、たとえ文を読めなくてもこれをきっかけにもっと読めるようになりたい~!とモチベーションがあがるという効用もあるでしょう。

かわいい子には旅をさせるのも一興かと。


追記:

あ、そうそう、日本にも同様の施設がありますよ~。

ブリティッシュヒルズ
 http://www.british-hills.co.jp/

こちらは中世英国をイメージした施設で、関東圏の同期HTが教室生をつれて語学研修ツアーをやったよなんて話を聞いていて、いいなぁと思っていたんですが、奈良からでは遠いし費用もかなりかかっちゃうかなぁ、と。
でもこちらもオススメです。
関連記事

| 韓国英語村 | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/320-35c9f9ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。