PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オバマとキャメロンが校則違反!?

毎日教室で先生としてこどもたちに英語を教えている私ですが、週に2回ほど生徒になる時があります。
英語を教える立場に居る私ですから、自分の英語力をブラッシュアップすべくオンライン英会話を受講しているのです。
今朝もレッスンだったのですが、なかなかおもしろいトピックを扱っていたので紹介させて下さい。

イギリスのとある高校で、握手やハイタッチなども含む一切のフィジカルコンタクトを禁止するという校則が去年の秋に生まれたそうで、ちょっとした話題になっていたようです。

詳しくはこちら
 Croydon school bans pupils from hugging and handshakes

実際校則を破って女友達を抱き寄せたとして停学になった生徒もいるとの事で、物議を醸していたようですね。

日本で同様の校則が出来ても多分誰も余り困らないと思うのですが、スキンシップの激しい欧米ではちょっと考えられないルールです。なんでそんな校則を作っちゃったのかというと、校長先生曰く、「生徒同士の肉体的接触はしばしば良くない振る舞いやいじめ、喧嘩などの引き金になる」からだとか。

「これについてどう思う?」とレッスンでは聞かれたわけなのですが、まぁ幼児や小学生ならそういう事もしばしばあるかなぁ・・・ウチの子たち(小4、小1)なんて日々そうですからね。当たるなや!謝れや!当たってないわ!うそつけ当たったわ!みたいな・・・。
ただ高校生にもなると・・・まぁビーバップハイスクール(古い?)みたいな高校なら禁止したくもなるかもですが、それが main reason だというのはかなり strange と言わざるを得ないかと。っていうか禁止しようとして禁止出来るものでもないような??

ただ、まぁ先生の側に立って好意的に考えるとすると、きっと深刻化するいじめの問題になんとか対策をと考えに考えてひねりだした苦肉の策なのかなぁ。
でも・・・ルールをつくればいじめがなくなるというものでもないけどね。レッスンでは「あなたならかわりにどんなルールを作る?」とも聞かれたのですが・・・ "Be nice to each other"(ウチのクラスルールのひとつですが)とか、結局そういう一般的な事しか言えないと思うなぁ、と答えました。
あとはケースバイケースで対応していくしかないですよね。すべてにあてはまる万能策ってのはやはり古今東西見あたらないんじゃないかと思います。

で、なんでこの話にオバマ大統領とキャメロン首相が絡むのかと言うと・・・。

こちらは今年5月のニュースです。
 オバマ大統領が訪英、卓球試合でキャメロン首相とハイタッチ

問題の高校でオバマ大統領とキャメロン首相がタッグを組んで生徒達と卓球の試合をし、試合中何度もハイタッチしたり背中を叩いたりしたというものです。

No way! Their behaviors were not in keeping with that school rules at all!!!!!

多くの日本人がそうであるようにあまり普段肉体的接触が得意でない私も、若かりし日にスポーツをしていた時は自然とハイタッチしたり肩を組んだりってのはあったように思います。内気な、典型的な日本人である私ですらそうなんだから(ん?反論ないですね?)、そういう自然な行為を禁止しようというのはやはり無理があるかと。
ただ、お笑い芸人よろしく「ちがうやろー!ベシッ!」みたいにはたいたりするのは微妙ですけどね、お互い楽しい場合とそうじゃない場合があるでしょう。ただ、そういう接触を繰り返しながら大人になっていけば良いんじゃない?でも・・・やっぱりとにかく小学生レベルな話な気がするなぁ~。

というわけで私はこの校則には against です。みなさんはどう感じられましたか?

ちなみに・・・英語でハイタッチは high five です。superflyの曲にありましたね、♪Every body hi, hi five!
ちとスペルが違いますがまぁそこは歌詞ですから。

ちなみに News の歌で High ten!というのもあるようです(聞いたことはないんですが、アルバムに入ってるらしいです)。

こちらは両手でハイタッチ!要は指の数、です。
関連記事

| 英語教育 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/296-0e8ecc72

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。