PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プチそろばん教室開講中(笑)

昔から読み書きそろばんと申しますが・・・私も子どもの頃そろばんを習っていて、いまだに計算するとなると必ず指が動いちゃいます。まぁもちろんピークの頃を思えば暗算力はずいぶん衰えちゃったけど、それでもとっさにおむつの単価やスーパーラーニングのマイレージをはじくぐらいの暗算力はかろうじて残っています。
これってすごく便利!なんですよね。

なので長男は小1の途中から近所のそろばん塾へ行かせています。次男も1年生になったら行かせよう~と思ってたんですが、なんと今年から小2からしかとらないことにした、との衝撃的な塾の決定を受け(数字もまともに書けない、数字と数の量が一致してない子が来てもなかなか上達しないからとのこと)、すっかり通う気だった次男が意気消沈していまして。それならと自宅でそろばんを教え始めています。

この教材、実は長男も幼稚園年長の冬ぐらいから使いました。長男の時も、年長で本人が興味を持ったので近所のそろばん塾に行かせてもらおうと思ったら、その時は「1年生からしかとりません」って言われて・・・でも本人はやりたいというのでこの『パッチートレーニング』の1から始めて5の途中ぐらいでやっとそろばん塾に行ってみようかなと本人が言ってくれたので、そこからは塾にお任せしています。

まぁね、何もかも私が教えるのもまぁ悪くないのかもしれないけれど・・・息子にも外の世界を知ってもらいたいというか。
習い物って学校の先生以外で自分のことを気に掛けてくれる大人と出会える良い機会ですし、同年代の友達と一緒にっていうのも楽しいと思うのです。何より、ただでも学校の宿題見るのと英語を教えるのに手一杯なんだよ~、外注出来る分はしたいよ~!ってのが本音かな~!

で、この『パッチー』、数の基礎の理解のワークを挟みつつ少しずつスキルアップ出来るようになっていて非常に使いやすかったように思うので、今回また次男用に買いました。
まぁでも本人の気が向いたときにちょろっとやってるだけなのでなかなかすすみみそうにありませんが・・・。

実は次男が小1になって、宿題の計算プリントにすごーく苦戦している姿にちょっと驚いたんですよ。えっ、長男はそこではつまづいてなかったぞ?っていうような、5の合成あたりでもうつまづいてる。
今思うと長男は年長からお遊びながらそろばんをさわってたからこそスルっと通り過ぎることが出来たのかなぁと思い当たりまして・・・そろばんの良いところというのは、そろばんのタマという具体物が目の前で動くので、いまひとつ数字とそれが持つ量がリンク出来ていなくても、さわっている内に理解出来るようになるところかなぁと思うんです。
もちろん習熟度が上がればアタマの中に生涯計算機をもつことが出来るので超お役立ちなのですが、初期の頃こそ基礎の”さんすう”を理解する助けになるんだなぁと改めて感じています。

ちなみにそろばん塾に行かせずにご自宅でずっとお子さんにそろばんを指導するという事も十分可能ですよ~。パッチーシリーズはたしか6まで出ていまして、それを終えたら各級のプリントが出ていますからそれをやらせると良いんじゃないかなぁと思います。
奈良県は確かそろばんとピアノを習っている率が全国でも高かったと思いました。ご近所の方と話していても、そろばん経験者のお母さんも結構多いんじゃないかなと思います。教本さえあれば・・・という方にはこの『パッチー』、オススメですよ~。
関連記事

| my sons | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/268-215f23e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT