PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

JEクラス Unit2終了

JE(中学1年生)クラスでは今週Unit2の学習を終えました。毎回ユニット最後のレッスンではスピーチの発表や単元別テスト(50点満点)を実施します。今回の単元別テストは見事に明暗分かれていましたね・・・。英語以前に、基本的な事として問題をしっかり読む!○をつけろと書かれているのに選択枝の記号を書いたりしている物については、たとえ答えがあっていても×!そんなことで設問丸ごと落としてちゃバカバカしいよ!と喝を入れておきました。

Unit2では引き続きbe動詞の文型や疑問詞 Whose の疑問文などを学習しましたが、非常によく見られる間違いとしては These are my pencil.(複数のs抜け)、It's her's.(アポストロフィいらないよ。Ken's と混同してるんだろうね)、あと「彼らの犬」が主語の場合は犬自体は単数なので続く be動詞も単数になりますが、Their dogTheir にひっぱられてついつい複数の be動詞を使っちゃう、みたいな間違いもありましたね。

また、非常に基本的な話ですが、特にディクテーションで見られる事なんですが、文頭の単語の最初の文字が大文字になって無いことがよくあります。

更に、Unit1でも説明した my pencila(不定冠詞)をつけちゃったり。a(an)の概念から話をしていますので、「私の鉛筆はそこらへんに何本かある誰のかもわからん鉛筆から1本とりだした鉛筆のことか?」と聞くと「あ、そうか、私のやねんからaはつかへんわ」と気付いてくれるんですが。懲りずに何度もインプットしていきたいと思います。

そう、教室は間違っても良いところです!どんどん間違って、何度も軌道修正しながら本当の英語力を身につけていってくれたらと思います。

SPEAKING DRILLSでは、口頭で指示通り(たとえば肯定文を疑問文に、複数形を単数形になど)文を作り替えたり、日本語を与えてその場で英作文という事をよくやるのですが、二人ともこれが結構スキみたいですね。一生懸命天井見たりアタマ抱えたりしながら文を産出してくれています。こういう徹底した口頭練習が出来るのも教室ならでは!
口頭でしっかり英文を言うことはもちろん耳も口も、そして脳も鍛えてるなぁと二人を見ていると思います。頑張ろう!

ANTHOLOGY の方は、PE(小学生4~6年)クラスで異様にリーディングマイレージをのばしている子がいまして、壁に掲示しているお魚シールが増えているのでそれが他のクラスの子達にも分かるようになってるんですけれど、それに刺激を受けたのかCちゃんがすごく頑張って聴いてきてくれるようになっています。文が難しいのよな~なんて声も聞かれますが、その難易度にも既に慣れてきてるようで、教室で導入するときの一発目の閉本で行うシャドーウィング、結構言えるようになってきてますよ!これまた耳と口と脳をよく鍛えてるなぁって見てて思います。う~ん、私も刺激されます!頑張らなきゃ~!

とまぁ、Unit1では苦戦している姿が見られたJEクラスだったんですが、ぼちぼちこの圧倒的な量にも慣れてきてなんとなく学習パターンが見えてきたんじゃないかな。とにかく覚える事が盛りだくさん!なこのクラス、さらに今 ANTHOLOGY の暗誦も課題に出していますので、家でいくらやってもおっつかない位じゃないかと思いますが、全国にもたくさん同じ課題にぶつかってる子たちが居ますからね。それを肌で感じてもらうべく、今年も奈良センター主催のスピーチコンテストにどちらか出てもらおうと思っています。二人ともイヤがってましたが・・・間違いなく良い経験になるからね!

とにかく頑張って頑張って頑張っていきましょう~!
関連記事

| 中学生 | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/266-bbff9d91

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。