PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PTクラス Unit2終了

PT(2~3歳児)クラスでは早くもUnit2の学習を終えました。

PB(4~5歳児)クラスなんかだと、1ユニットが4つのセクション(レッスン)から成り立っていて、導入→練習→まとめというサイクルを繰り返しながら、間に復習や参観(発表)レッスンを挟みながら進んでいくので、4~5レッスン終わる毎に新たなユニットに入っていくのですが、このPTクラスは1つのユニットは3つのセクションから成っており、3~4レッスンでどんどん次のユニットに移っていきます。ですがユニット毎に歌やスキットをすべて刷新!するのではなく、ゆったりと少しずつ増えたり変わったりしていきます。
なので多分生徒にとってはPBほど”ユニットが変わったんだ~!”って感じない仕様になっているんですが、じゃぁ何を基準にユニットが変わっていってるの?という話。(あ、誰も疑問に思ってないって?)

ユニット毎に変わっているもの、それは知育あそびのターゲットです。このことからも”知育”はこのPTクラスを支える大きな柱となっていることがおわかり頂けるかな~と。

Unit1では集合あそび
学習した動物や色の単語を使って同じ仲間を集合させる知育を行いました。

そしてUnit2では1対1対応
数を数えられることと、それぞれの数字が持つ”量”を理解することとはまた別の事で、この1対1対応は数の”量”を理解する第一歩です。違うもの(たとえばサルとバナナ)を線でつないでどちらも余らなければ、サルとバナナは同じ量ある!という事に気付いていくんですね。

レッスンでは、その場にいるKくん、ママ、講師(私)、それだけじゃ人数的に寂しいので(笑)、ぬいぐるみも足して5人(人?)にひとつずつ導入したおやつの単語カードやクリップを使って1対1対応を体感してもらいました。この年齢の子どもたちは、プリント教材で線をつないでタスクをやるより(や、プリント学習を全否定するわけでもないんですけどね。お子さん自身がすすんで楽しんでやっている分にはOKだと思います。ただ実体験抜きに机上でのみタスクを解くよりも)、実際体を使って体験する事が多ければ多いほど能がまれます。

このタスク、簡単なようでいて2~3才のお子さんにはなかなか難しいものでして、実際一人に二つ配っちゃった為にヒトツもないお皿が出てきたりもしましたが、"Oh, no! I have no doughnuts!! I'm so hungry. Give it to me ,please!!!"なんて泣き声で言ったら「はいはい、あげるって」ってちゃんと多いお皿から取って渡してくれました~。

配るアイテムがちょうどの数の時はわりとすんなり出来るんですがやはり過不足をつけると少し難しかったようで、たくさん余っちゃう時は余る分を自分のお皿にたくさん入れたり(爆)、足りなくてもまぁいいや~って終わっちゃいそうになったりもしていましたが、Is it right? Are you sure? と声をかけてヒントを出すと、うまく調整出来ていました。 また、回を重ねる毎に声を掛けなくても「あれ?おかしいぞ?」って自分で気付ける様になってきていましたね。Yay!

ホントにこの年齢のお子さんは、レッスン毎に「あ、出来ることが増えてる!」って実感させられます。

それにしてもK君は単語もしっかり覚えてくれていて、導入した単語はカードを見てほぼすべて言えますし、しつけ絵本"I can do it!"に掲載されている単語をどうやら先取り学習(!?)してくれているみたいなんですよね。ご家庭でママに「これはなんていうの?これは?これは?」ってた~くさん尋ねてくれているらしいです。

すばらしい~!

もちろんお子さん自身が興味を持って尋ねてきたら、どうぞ「詰め込みかしら!?」なんて思わずどんどん先取りしちゃってくださいね~!発音に疑問がある場合は、CDにすべて音声が収録されていますのでそちらでご確認頂けます。

あと、K君のこれまたすごいところは3才にしてアルファベットもどうやら大文字はほぼ入ってるということ。まだまだ3才児さんだとアルファベットのカタチに触れる、アルファベットに親しむ程度の事が出来ていれば十分及第点なのですが、文字認識にもとっても興味があるようで。

それがまたいちいち可愛くて、Sのパズルピースを持つと必ずママに「でこでこやな?」って確認。”でこでこクールS”のSやな?って事なんですよね~!
あと、今ユニットではアルファベット後半をやっていたんですが、RZを見るともう「CR-Zや!ママ、CRーZどうする?」って。さすが男の子、車の型番でもしっかりインプットしてくれちゃってるんですね~!なので毎回前半のパズルからCを持ってくることが欠かせません!!

そうなんですよね、文字の認識が出来るようになると、日常生活の中にも英語って案外たくさんあふれていますから、いちいち目に映るものに興味が沸き、それをママに確認してそうだね、スゴイね、こんなのも読めるんだね!ってほめてもらえる事で余計やる気が出る。たくさん褒めてもらった経験のある子は自己肯定感が高まり、自分にも他人にも優しく出来る子に育ちますよ♪

なのでレッスン中も単語が言えたら Great! 知育タスクが出来たら Good job! とハイタッチ!褒める瞬間を大切にしています。お家でもいーーーーっぱいお子さんを褒めて抱きしめてあげてくださいね~。

あ、そうそう、そして KAT-TUNが大好きなK君、whiteの単語カードを見ると必ず KAT-TUNの新曲は whiteなんちゃらやって教えてくれるんですが、ごめんねー、先生は赤西君がいない KAT-TUNには余り興味がな(問題発言?以下自粛)

とまぁこんな感じで、知育あそびを柱にどんどん楽しみながら英語に触れていくPTクラスは火曜日の午前中に稼働中です~。

Come on Join us!
関連記事

| 2~3歳PT | 00:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/263-d7c4534d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT