PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PF(小1~小3新規及び小1~小2継続)・SF(読み書きプラス)クラス保護者のみなさまへ

今回はPF(小1~小3新規及び小1~小2継続生・スタンダード)クラスと、SF(読み書きプラス)クラスの教材についてご説明したいと思います。

PF STDまずはPFクラスから(写真はPF<CAKE>バージョンです)。

PFクラスでは1学期の間は主要10文型を使ったアクティビティを多く行い、2学期以降にその10文型の日本語意味確認なども含めてテキストで復習していきます。

2年目PF生は学習した文型を駆使してアクティビティでどんどん発話し、2学期以降はまた復習するというスパイラル学習でさらなる定着を目指していきます(但し10文型は教材のバージョンが違うと多少変わります)。

クラス概要については当教室ウェブサイト、右メニュー内"コース紹介”の小学生クラスをご覧ください。
Main Book言語の四技能の内、「聞く」「話す」力を養成するためのテキストです。1年間に学習する主要10文型や、レッスンや生活の中でも使える便利な一言表現(Useful Expressions)も掲載しています。

1学期はアクティビティの際に時々使う程度ですが、2学期からはメインブックを使った指導が毎回の授業の中心部分となります。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
Work Book主に言葉の四技能の内、「書く」「話す」力を養成するためのテキストです。アルファベット・フォニックスソングの教室掲示ポスターと同じものが表紙と裏表紙の裏に記載されています。

PFクラスではアルファベットの大文字・小文字の他、既習単語の一目読みやリスニングクイズにも挑戦していきます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。
CD 3枚
DVD 1枚
家庭学習用の教材です。毎回のホームワークはこのCDやDVDを視聴しなければ解けないようになっています。

CDにはレッスンで歌っていくソングやチャンツ、新出語句・表現、スキット・ストーリーブックの内容などがすべて音声化され収録されています。
DVDでは回答を選ばないと先へ進まないクイズがあったり、エンディングを選べるスキットの映像など盛りだくさんな内容です。
開講までにどちらも視聴し準備しておいていただければと思います。

但し、DVDの視聴は目の悪くならない程度に留めて下さいね!
ピクチャーカードフォルダ




新出語の学習や、アクティビティ・アルファベットの指導時などに使用するカードセットです。

1枚ずつ切り離し、すべてのカードにお子さんのファーストネームを大文字で記入し(PF2年目以降のお子さんは小文字でもOK)、フォルダに入れて毎回のレッスンにご持参下さい。
名前の記入はピクチャーカードは所定の場所に、アルファベットカードは欄外に小さくお願いします。くれぐれも裏側には書かれませんようお願い致します(カードゲームの際に妨げとなりますので)。

すべてのカードをフォルダの所定の場所に収納し、毎回のレッスンにお持ち下さい。
 ・リーディングブック
7冊
次進級レベルであるPI(小3~小4継続生クラス)では直読直解を目指しますが、その準備段階として文字に慣れさせることを目的とし、音読指導を行います。

講師の指定する本1冊のみをレッスンにお持ち下さい(レッスン中にお子さまに直接お知らせします)。
ホームワークシート家庭学習用ホームワークシートです。最初のレッスン時にお預かりし、1年間教室で保管致しますので表紙にのみお名前を記入して講師にお渡し下さい。

毎レッスン該当シートを2枚ずつ配布致しますので、家庭で仕上げて次のレッスンにお持ち下さいますようお願い致します。
また主な学習内容や連絡事項等も記載してありますので、保護者の方も必ず毎回目を通していただきますようお願いいたします。

小学生になるとそろそろ自分で宿題が出来るようになってきますが、PFの内は出来れば親御さんもサポートいただけますようお願いいたします。


SF次に、SF(読み書きプラス)クラスの教材を紹介致します(写真はSF<CAKE>バージョンです)。

SFクラスでは、スタンダードクラスのようなホームワークシートはありません。
ご家庭ではお子様の無理のないペースで絵本を読み、ダイアリーをつけることが宿題となります。が、特に必須回数などは設けません。
まずはCDを聴きながら英文を目で追うことからはじめつつ、親子で絵本を楽しんでいただければと思います。

Page Turners
30冊
リーダーズは30冊セット、SFクラスではLevel 1の絵本を読んでいきます。ブックナンバーが3の倍数の絵本10冊(3.6.9.....30)は読み聞かせ用の少しレベルの高い絵本となっており、表紙に狐の親子マークが入っています。

3冊ごとに背表紙の色が変えてありますので、毎回講師から指定のあった3冊をレッスンにお持ち下さい。(レッスン終了時にお子様に次回持参する色をお知らせします。ほぼ1ヶ月ごとに変わっていきます。)

また、日本語訳の冊子も入っていますので、ご活用下さい(生徒は読んでも読まなくてもどちらでも構いません)。

ほぼ毎回のレッスンで新しい絵本を1冊導入します。3冊読むたびに音読発表の機会を設けますので、それに向けてお気に入りの1冊を選び、自宅で音読練習を行っていただければと思います(初回レッスン時に詳しくお話します)。
CD 1枚家庭学習用の教材です。
Page Turners 全30冊の音声が収録されています。

まずは絵本の英文を目で追いながら聴くことからはじめ、CD音声を追いかけるようにして読む(シャドーイング)などしてご活用ください。
Reading Diary
 



家庭での読書状況を記録する日記です。読書マイレージや音読レパートリー、発表会で読んだ絵本についても記入していき、自分だけの読書ダイアリーを年間を通して作成していきます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。

中に閉じこんであるブックシールと出席シールは、名前欄にお名前を記入していただき、初回レッスン時に講師までお渡し下さい。
 ・タイムドリルタイム測定用の筆写プリントです。
時間を計ることで、子どもたちは驚くほど集中してくれ、毎回行うことで「書くモード」にスウィッチが入るようになります(いや、ホントですよ!)

毎回のレッスンで1枚ずつ使用します。教室で保管し使う分を毎回配布いたしますので、表紙にのみ氏名をご記入いただき、初回レッスン時に講師までお渡し下さい。
ライティングブックPF(スタンダード)クラスの学習内容と連動した「書く」作業の練習帳です。毎回見開き2ページを行います。より多くのライティングに挑戦したい!というお子様には巻末にオプションページもたっぷり用意しています。

毎回大量の筆写を行うことで、書くことへの耐性を養う事が出来ます。

毎回のレッスンにお持ち下さい。

以上がPFSFクラスの教材となります。

クラス概要については当教室ウェブサイト、右メニュー内"コース紹介”の小学生クラスをご覧ください。
関連記事

| 教材について | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://eccjrtkym.blog54.fc2.com/tb.php/121-a53221f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。