| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年度教材 ★2017年度★

 いよいよ来週月曜より当教室の新年度レッスンがスタートいたしますので、新年度教材についてまとめておきます。って例年よりだいぶ遅いですね、申し訳ござりませぬ。

特にご兄姉姉妹のお下がりを使われる方は、
購入免除教材がすべてそろっているか再度ご確認お願いします。

幼児・小学生英語英会話クラスはPE(高学年初心者クラス)を除き、教材が2バージョン(PIE , CAKE)あります。2017年度はCAKEバージョンを使用します。また、PEクラスは1バージョンですが、SE(高学年初心者・中学英語読み書きプラス)のリーディングブックには2バージョンありますので、ご兄弟姉妹のお下がりを使用される方はバージョンの間違いがないようご確認をお願いします。

また、幼児まなびのさんぽプラスでは、さくらバージョンを使用します。


各レベルの教材については下記リンクをご覧下さい。



<ジュニア>
幼児PT(2~3歳児クラス)
幼児PB(4~5歳児・英語英会話)およびSB(4~5歳児・英語で知育)
幼児まなびのさんぽクラス
小学生PF(1~3年新規及び1~2年継続生・英語英会話)およびSF(1~3年生新規及び1~2年継続生・読み書きプラス)
小学生PE(4~6年新規・英語英会話)およびSE(4~6年新規・中学準備読み書きプラス)
小学生PI(3~4年継続・英語英会話)およびSI(3~4年継続・読み書きプラス)
小学生PA(5~6年継続・英語英会話)およびSA(5~6年継続・読み書きプラス)
中学生JE(1年・スーパー英語)
中学生JI(2年・スーパー英語)
中学生JA(3年・スーパー英語)

<BS>
高校生以上 スーパー英語・New Master Plan<L1>

スポンサーサイト

| 教材について | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【幼児】まなびのさんぽプラスを受講されるみなさまへ【知育】

高山台教室では幼児クラスの英語英会話クラスも積極的に開講しておりますが、今日は幼児クラスと並行して受講いただける、まなびのさんぽプラスクラスの教材について紹介していきます。

2017-03-29 このまなびのさんぽプラスでは、日常の生活の中のできごとに興味を持ち、幼児の可能性を広げることを目的として開講しています。年間を通じて季節ごとに4冊に別れたテキストを用いて学習することにより、お子さまが自分の周りの世界に興味を持ち、その興味がやがて成長過程でのこやしとなりたくましく成長していける土台作りを行っていきます。

2~3歳児クラス(YT)と4~5歳児クラス(YB)の2レベルがあり、YBクラスでは宿題プリントもあります。また、教材は各レベルごとに2バージョンあり、奇数年度(さくら)と偶数年度(ひまわり)で使用教材がことなります。写真はYBクラス・さくらバージョンです。

<2~3歳児クラス教材>

メインブック
(4冊セット)
教室では毎回4ページ分を学習し、宿題が2ページあります。

ワークでは日によってさまざまな分野、例えば色分け、条件、1対1対応、パズル、絵本を読む、などのタスクを通して、お子さまの世界をどんどん広げていきます。


<4~5歳児クラス教材>

メインブック
(4冊セット)
教室では毎回5ページ分を学習します(5ページ目は発展問題のため省略する場合もあります)。

ワークでは日によってさまざまな分野、例えば数を数える、ものの名前、左右の確認、パズル、絵本を読む、などのタスクを通して、お子さまの世界をどんどん広げていきます。数字やひらがなの読み書きにも挑戦していきます。
しゅくだい
ワーク
1回分は2枚(4ページ)となっています。4ページ目は発展問題となっているため、むずかしい場合は省略していただいて構いません。

以上がまなびのさんぽプラスクラスの教材となります。当教室では英語・英会話コースの前に約30分時間を設けてまなびのさんぽプラスを実施しています。まずこのクラスで身近な事柄についてじっくり学び、子どもたちが感じている日ごろの思いにゆっくり耳を傾けることができるので、子どもたちとの距離が一気に縮まる時間で、このあとの英語・英会話コースのレッスンにも非常に良い影響を与えています。

まなびのさんぽプラスのタスクは基本的に日本語で指示を出して実施しますが、英会話クラスの既習事項は時に英語で確認しながら進めることもあります。

| 教材について | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年度教材 ☆2016☆

本年度レッスンも各クラス残すところあと数回となってきていますが、英語英会話クラス新年度教材についてまとめておきます。

特にご兄姉姉妹のお下がりを使われる方は、購入免除教材がすべてそろっているか再度ご確認お願いします。

幼児・小学生英語英会話クラスはPE(高学年初心者クラス)を除き、教材が2バージョン(PIE , CAKE)あります。2016年度はPIEバージョンを使用します。また、PEクラスは1バージョンですが、SE(高学年初心者・中学英語読み書きプラス)のリーディングブックには2バージョンありますので、ご兄弟姉妹のお下がりを使用される方はバージョンの間違いがないようご確認をお願いします。

また、BS
クラスではL2クラスがterraバージョン、趣味の英会話HEクラスは MAPLE バージョン、SPクラスは  Unicorn バージョンを使用します。

各レベルの教材については下記リンクをご覧下さい。


<ジュニア>
幼児PT(2~3歳児クラス)
幼児PB(4~5歳児・英語英会話)およびSB(4~5歳児・英語で知育)
小学生PF(1~3年新規及び1~2年継続生・英語英会話)およびSF(1~3年生新規及び1~2年継続生・読み書きプラス)
小学生PE(4~6年新規・英語英会話)およびSE(4~6年新規・中学準備読み書きプラス)
小学生PI(3~4年継続・英語英会話)およびSI(3~4年継続・読み書きプラス)
小学生PA(5~6年継続・英語英会話)およびSA(5~6年継続・読み書きプラス)
中学生JE(1年・スーパー英語)
中学生JI(2年・スーパー英語)
中学生JA(3年・スーパー英語)

<BS>
高校生以上 スーパー英語・New Master Plan<L1>
高校生以上 スーパー英語・New Master Plan<L2>
趣味の英会話<HE>
趣味の英会話<SP>

| 教材について | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年度使用教材 ★2015★

 すでに在籍生のみなさんには教材を配布し終えていますが、新年度教材についてお知らせします。

特にご兄姉姉妹のお下がりを使われる方は、購入免除教材がすべてそろっているか再度ご確認お願いします。

幼児・小学生英語英会話クラスはPE(高学年初心者クラス)を除き、教材が2バージョン(PIE , CAKE)あります。2015年度はCAKEバージョンを使用します。また、PEクラスは1バージョンですが、SE(高学年初心者・中学英語読み書きプラス)のリーディングブックには2バージョンありますので、ご兄弟姉妹のお下がりを使用される方はバージョンの間違いがないようご確認をお願いします。

また、BSクラスではL2クラスがAquaバージョン、趣味の英会話HEクラスは Sakura バージョン、SPクラスは
  Phoenix バージョンを使用します。

各レベルの教材については下記リンクをご覧下さい。


<ジュニア>
幼児PT(2~3歳児クラス)
幼児PB(4~5歳児・英語英会話)およびSB(4~5歳児・英語で知育)
小学生PF(1~3年新規及び1~2年継続生・英語英会話)およびSF(1~3年生新規及び1~2年継続生・読み書きプラス)
小学生PE(4~6年新規・英語英会話)およびSE(4~6年新規・中学準備読み書きプラス)
小学生PI(3~4年継続・英語英会話)およびSI(3~4年継続・読み書きプラス)
小学生PA(5~6年継続・英語英会話)およびSA(5~6年継続・読み書きプラス)
中学生JE(1年・スーパー英語)
中学生JI(2年・スーパー英語)
中学生JA(3年・スーパー英語)

<BS>
高校生以上 スーパー英語・New Master Plan<L1>
高校生以上 スーパー英語・New Master Plan<L2>
趣味の英会話<HE>
趣味の英会話<SP>

| 教材について | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【高校生以上】趣味の英会話・SPを受講されるみなさまへ【大人】

高山台教室では2014年度より高校生以上のブランチスクール(BS)も開講しております。今日はその中から、趣味の英会話・セレクトプラン(SP)クラスの教材について紹介していきます。

20150315_162258988_iOS.jpgこのSPクラスでは、年間を通じてトピック別に別れた10冊のテキストを選択しながら学習、すぐに使える英会話を気軽に楽しく身につけます。

「海外で英語を話したい」、「映画を英語のまま理解してみたい」、「海外の文化に触れたい」、そんな要望にお応えするクラスです。

book1~101冊1テーマのオリジナル教材。「ショッピング」「映画・本」、「観光地」など実際に役立つ興味深いテーマで構成。レッスンではテーマをセレクトしながらすすめていきます。
「聞く・話す」ことに充填をおいているので、発話が多いレッスンです。生徒のレベルに合わせて、文法や暗誦にも挑戦していきます。
CD2枚。講師用教材と生徒用教材は同じものになります。ご家庭での予習・復習にお使い下さい。

以上がSPクラスの教材になります。ジェスチャーやクイズなど、時には趣向を変えたレッスンで異文化の理解を深めていく事が出来る、とても楽しいレッスンです。

レッスンにはテキスト2冊(現在使っているもの、次回使うもの)をご持参下さい。

| 教材について | 01:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。